サイトメニュー

弁護士と司法書士料金比較

レディ

安くする方法

債務整理を個人再生の方針で行う場合、気になるのは費用です。一般的には法律の専門家に依頼しますが、必ずしも専門家に依頼しなければならない手続きではありませんので、個人でも行うことができます。そうすれば、裁判所への申し立て実費だけで済みますので30万円程度あれば可能です。ただし、手続きには時間を要します。書類の作成から裁判所への出廷などやることが多いです。それを個人で時間のある時にやろうと思ったら、いつ個人再生の手続きが終わるか分からないです。手続きをスムーズに、早期に借金問題を解決させるために費用がかかっても専門家に依頼をしたほうがよいです。では専門家に依頼する場合、弁護士と司法書士がいます。その違いですが、弁護士と司法書士どちらも個人再生の手続きに必要な書類作成代行業務は行ってくれます。ところが、司法書士は法定代理人となることはできませんので代行してくれるのは書類作成までなのです。では、実際にどれくらいの費用がかかるのか弁護士に個人再生を依頼すると40万円〜60万円程度、司法書士は30万円〜50万円程度の費用がかかります。相場を見ると弁護士に依頼した方が若干費用は高いのですが、司法書士が法定代理人になることができないことを考慮すると弁護士に依頼をしたほうがよいといえます。とはいっても何十万も手続きに費用がかかります。その支払いが困難な場合は、利用条件がありますが法テラスの扶助制度を利用したり分割払いをお願いしてみるといった方法があります。

Copyright© 2018 個人再生を依頼する費用を把握|最大90%借金を減額することが可能 All Rights Reserved.