弁護士依頼でいくら必要か|個人再生を依頼する費用を把握|最大90%借金を減額することが可能

サイトメニュー

弁護士依頼でいくら必要か

男の人と女の人

料金の内訳について

弁護士に個人再生の手続きを代行依頼すると、任意整理以上に高額な費用がかかります。自分で手続きを行っても、20万円はかかりますしどちらにしてもある程度お金はかかる手続きなのです。手続きが複雑で任意整理以上に準備しなければならない書類も多い、書類に不備があったらやり直し、裁判所への出廷も必要な平日に行かなければならないので、仕事をされている方は休みをとって行かなければならないです。そのため個人で行うと手続きの複雑さであきらめたくなり、時間も手間もかかることから弁護士に個人再生を依頼する方が多いのです。弁護士に依頼すると、どれくらい費用がかかるのか、その相場は40万円〜60万円程度かかります。弁護士依頼の個人再生費用の内訳ですが、相談料、着手金、報酬金、実費、個人再生印報酬となります。相談料は、1時間当たり0円〜1万円なのですが債務整理に強い事務所であると0円にしている事務所がほとんどです。報酬金は、減額がどれくらいできたかに対するお金で10%が相場です。着手金は、個人再生の手続きが成功しても失敗しても戻ってこないお金で30万円〜50万円の費用となっています。報酬金が無い代わりに着手金が若干高くなっている事務所もあります。実費は、個人再生を申し立てるのにかかるお金で、書類の作成や交通費などが含まれます。個人再生委員報酬ですが、個人で申し立てまた司法書士に依頼した場合に、個人再生委員を選出するためかかるのですが、弁護士に依頼しても裁判所によってはかかるところもあります。

Copyright© 2018 個人再生を依頼する費用を把握|最大90%借金を減額することが可能 All Rights Reserved.